ネコとコーラと国語と私

私立高校勤務の国語教師が感じた教育に関するあれこれ。あとたまにネコとかコーラとか。

職員室でネコを飼うべき10の理由

f:id:yasuteru24:20190210231030j:plain

日々の業務やら小難しいことをあれこれ考えることに少し疲れたので、本日は少し休養。
過酷な労働によって欠乏していたネコ成分を補給してきました。

はぁ、とてつもなく癒された。
NO CAT NO LIFE。俺の中のネコが、もっと耳の裏を丹念にゴシゴシ撫でろと囁いている。




さて、職員室に置いてあると嬉しいものってなんでしょうか?



ありとあらゆる分野の教育書や学術書?
いいね、是非とも欲しい。

加湿空気清浄機?
乾燥する季節は必須ですね。花粉症対策にもなる。

マッサージチェア?
これは奪い合いが起こりそう。

コーヒーメーカー?
私はどちらかと言えば、コーラのドリンクバーが欲しいです。

託児所?
働き方改革ってこういうことよね。




全然違うね、答えは「ネコ」だ。


私は声高に主張したい。
世の学校は職員室にネコを飼うべきなのだ、と。


とにかくネコは可愛くて癒される。ネコの導入により、もはやみんな仕事の疲れを忘れてしまうことだろう。一気に職場のブラックさは漂白され、純白の環境へと変貌を遂げる。


【メリット】
癒し。圧倒的癒し。徹頭徹尾癒し。
あとはあれだ、鼠害の撲滅とか、なんかそんな感じ。


(ごめんなさい、10個も無かったです。)


【デメリット】
・気づいたら職員室からみんなのおやつが無くなるという事件が頻発する。
・書類を横積みにしがちな先生の机上で絶妙なバランスを保っていた書類の山が崩壊させられる。
・冬場に、ストーブ前が猫によって占拠される。
・たまに職員室から逃げ出して、発見した生徒達がザワザワしだして授業にならなくなる。
・ネコがほとんど寝ていることにより、「あの先生って気づけば居眠りしてるよね」ってよく言われる先生のアイデンティティに深刻な危機が訪れる。
・新しく貼った掲示物に限ってビリビリに破かれる。
・もはや貼り替え作業中に妨害が入る。
・キーボードの上を占領されてしまい、仕事にならない。
・「犬派」による抗議が連日管理職へと寄せられ、職員室の勢力図が猫派と犬派で二分された結果血で血を洗う抗争に発展する。
・ネコの一挙手一投足が気になって仕方がなく、仕事なんかどうでも良くなる(いい意味で)。



うん、やっぱダメだわこれ。

でもネコ飼いたい。
お願い!ちゃんとお世話するから!最後まで責任取って面倒見るから!!



あーあ、管理職が猫だったらいいのに。




以下、「やすてる冬のネコまつり」開催中。お暇でしたら是非お立ち寄りを。

f:id:yasuteru24:20190210231136j:plain
f:id:yasuteru24:20190210231238j:plain
f:id:yasuteru24:20190210231308j:plain
f:id:yasuteru24:20190210231338j:plain
f:id:yasuteru24:20190210231414j:plain
f:id:yasuteru24:20190210231443j:plain
f:id:yasuteru24:20190210231514j:plain
f:id:yasuteru24:20190210231543j:plain
f:id:yasuteru24:20190210231611j:plain