ネコとコーラと国語と私

私立高校勤務の国語教師が感じた教育に関するあれこれ。あとたまにネコとかコーラとか。

【特保コーラ】キリンメッツコーラを3年以上毎日欠かさず飲み続けた結果 ――本当にダイエットに効果はあるのか?


さて、ブログのタイトルにもなっているので、たまにはコーラの話でもしておこうと思う(100日にして初出場)。たまには、とは一体……。

 

【目次】

 

 

12キロ減量成功のダイエットの影に特保コーラあり

 

最近店頭でよく目にするようになった「トクホ(特定保健用食品)」の商品の数々。

中でも「脂肪の吸収を抑える」の謳い文句でダイエットをしたい人を狙い撃ちにするような商品は年々増えてきています。

 

かく言う私も、3年ほど前にダイエットをしたのですが、結果一年間で12キログラム痩せました。我ながら結構な効果を挙げたなと驚いています。そして、その時のダイエット中から現在に至るまで、毎日欠かさず「キリンメッツコーラ」を愛飲し続けています。

 

 

[トクホ] キリン メッツ コーラ 480mlPET×24本

[トクホ] キリン メッツ コーラ 480mlPET×24本

 
[トクホ]キリン メッツ コーラ 1500ml×3本

[トクホ]キリン メッツ コーラ 1500ml×3本

 

 

 

一切の誇張なく、毎日です。雨の日も風の日も、風邪をひいたときも高熱にうなされた時も、一日たりとも口にしなかった日はありません。ここまでくると愛飲とかいうレベルではなく、最早ジャンキー。我が体組織の数パーセントは確実にメッツコーラによって構成されています。

 

 

で、本当に痩せるのか?

 

結論から言います。これを飲むだけでは痩せません。

これは「飲めば痩せる」コーラではなく、あくまでも「食事から摂取した脂肪の吸収を抑え、血中性脂肪の上昇を穏やかにする」コーラなわけであり、飲むだけでは痩せません。理屈から言ってあり得ない。

 実際に、キリンのホームページにおけるメッツコーラの商品ページにも次のように記されています。

 

本品食事から摂取した脂肪吸収えて排出増加させる難消化性デキストリ食物繊維きにより食後中性脂肪上昇抑制するので脂肪食事りがちな食後中性脂肪になる食生活改善役立ちます

 

多量摂取することにより疾病治癒するものではありません

 

「特定保健用食品」として消費者庁(=国)のお墨付きなわけですから、実際に脂肪の吸収を抑える効果は保証されていると言えます。

(これは、「安易に他者の意見に流されずに、自分の頭で物事を考えよう。思考停止に陥るな!」と生徒に伝えている私の主張に反するような考えですが、それはこの際見て見ぬふりをしましょう)

 

ただ、だからと言って「飲めば痩せる」とはどこにも書いていないわけです。効果としては「太りにくくする」類の飲料であると言えるでしょう。

 

 

ダイエットのお供としては文句無しにおススメ

 

個人的に、ダイエットのお供としてお勧めしたい理由は三点あります。

 

理由①カロリー0

 

本家のコカ・コーラが500mlペットボトル1本で225キロカロリーであるのに対し、このメッツコーラはそもそもがカロリーゼロとなっています。ダイエットをする際にはカロリーをいかに抑えられるかが大切になってきますので、どれだけ飲んでもカロリー0というのは非常に心強い。しかも脂肪の吸収を抑えてくれる。魔法の飲み物かよ。

 

理由②味はしっかりコーラ

 

どれだけ健康に良くても、味が悪ければ意味がありません。

あの本家コカ・コーラの「ヌカー」っとする甘さ(唐突な語彙力低下)に比べると、ややあっさりした感はありますが、十分コーラとしての美味しさを表現できていると思います。これにはコーラ好きの私も思わずにっこり。カロリーゼロでここまでの味を表現できるのは素直に称賛の一言です。飲みごたえは申し分ありません。

 

理由③炭酸が空腹感を紛らわせてくれる

 

強炭酸のため、結構なシュワシュワ感があり、飲むことでお腹が膨れた感覚を得られます。「ちょっと小腹がすいたなぁ」と思ったときに飲むと、見事に空腹感が紛れます。あくまで気休め程度の効果かもしれませんが、実際にダイエットをしていた時にはこの「かりそめの小腹満たされ感」には相当助けられました。空腹感には波があるため、いかに第一波を乗り越える術を持っているかがダイエットの成功率を大きく左右します。お守り的にデスクに置いておくといざという時助けられること請け合いです。

 

 

トクホに頼らず、まずはしっかりダイエット

 

何度も言いますが、これを飲むだけでは痩せません。痩せる仕組みは別に準備する必要があります。

原理的に考えれば、「エネルギーの摂取を抑えつつ、効率的にエネルギーを消費する」ということが、シンプルながらもベストな手段であると言えましょう。急がば回れ、ダイエットに近道はありません。楽して痩せようなんてのは幻想です。人体の構造上、エネルギーの消費には肉体的な苦痛を伴います。

私個人の場合は、食事制限とランニング&筋トレを同時進行で行いました。結構ガチった結果の12キロ減だったわけです。

 

 

挫けそうになった時、特保コーラが背中を押してくれる

 

とは言うものの、「言うは易し、行うは難し」です。そんな簡単にいけば誰も苦労しません。ダイエットの挫折が多くの人の頭を悩ませるのは、その苦痛さゆえに生ずる継続することの困難さにあるわけです。私自身、かなりきつく、何度も挫折を味わいましたが、なんとか踏みとどまることができました。

 

テレビCMでお茶の間を賑わせている「ライザップ」に通う人が結果を出すことができているのは、専属トレーナーが適切なタイミングで励ましてくれるからだ、というのは有名な話です。これは学校での教育現場においても同様で、「辛い時に励ましてくれる存在がいる」というのは、結果を出すために不可欠な要素であるといえるでしょう。一人孤独に戦い続けることほど心細いことはありません。

 

メッツコーラを毎日欠かさず飲む、ということを続けると、それだけで脳は「自分はダイエットに向けて頑張っている」と錯覚するようになります。そして、そんな状況を作っておけば、ダイエットの過酷さに諦めてしまおうかと感じるそんな時に、目の前に置かれたメッツコーラがこう囁くようになるのです。

「こんなところで諦めて、お前は満足なのか?」と。

「お前は何のために毎日俺を飲み続けているんだ?」と。

これ、くだらないように見えて結構真面目な話です。実際私はくじけそうになった時に、「でも毎日メッツコーラ飲んでるし、頑張ってみようかなぁ」と踏みとどまることができました。

ルーティーンを無理矢理作ることで、そこから外れた時に違和感を抱くようなシステムを構築するのは、どんな分野であっても「継続する」ために不可欠なことだと思います。

 

 

あくまでも、サポートアイテムの一つ、ぐらいの感覚で

 

とまぁ、最終的になんだか精神論みたいになりましたが、結局のところ、ダイエットなんて精神論です。最後までくじけずに貫き通すだけの覚悟があるか否か。そこから目を逸らし、楽をしながら痩せようなんてのは幻想もいいところです。

ですので、何度も繰り返すようですが、「特保コーラを飲むから痩せる」ではなく、「痩せるための取り組みの一環として特保コーラを利用する」というスタンスが大事になってきます。

 

単純に飲んでいて美味しいし、なによりお値段もリーズナブルなため、無理なくダイエットに取り込むことができるのも大きな魅力です。

是非とも飲んでいただきたい一本。自信をもってお勧めします。