ネコとコーラと国語と私

私立高校勤務の国語教師が感じた教育に関するあれこれ。あとたまにネコとかコーラとか。ブログ毎日更新中。

思ったこと

「地味だけど、大事な仕事」に光あれ

明日から新年度だというのに、全くその実感が湧かない。 なんと言うか、もはやそれどころではないのである。 あなたのクラスはどこですか? 現在、個人的な授業準備やクラス準備もままならない状況にあり、その元凶は「生徒の名簿作成係(学籍の管理)」を拝命…

今年もまた野球のシーズンが始まる

プロ野球が開幕しました。 桜の開花とプロ野球の開幕のニュースは、なんだか春が来たって感じでワクワクしますよね。 夏には高校野球も山場を迎えます。今年はどんなドラマが待っているのやら。 【目次】 野球とは無縁の少年時代 戦略の面白さ 野球の魅力が…

「担任の先生」が変わる、ということ

4月に向け、学校内では慌ただしく新年度準備が進んでいます。 一方で生徒達は春休みを謳歌中。 夏休みや冬休みに比べると、宿題の量も少ないわけで、きっと思う存分羽を伸ばしていることでしょう。 生徒達の関心事 そんな中、生徒達の関心が高いのは「クラス…

「変わらない」ことにだってエネルギーを使う

今日はモチベーションが下がる出来事があったので、もう仕事をほっぽらかして早々に帰宅しました。 昨日頑張ったし、たまにはいいか。仕事全然片付いてないけど、明日のことは明日の私がなんとかしてくれるはず。頑張れー、明日のわたしー(無気力) 【目次】 …

命を削りながら働く、という感覚

タイトルだけ見ると、少年漫画みたいですこぶる熱い。「仲間のためならこの命くれてやらぁ!」とか人生で一度は言ってみたいですよね。 しかし、実際は1人のおじさんが業務の多忙さに死にかけた。今回はただそれだけの話です。 基本愚痴です。興味のない方は…

正しい会議の進め方を、誰も知らない

※ただしやすてるの主観。「私は知ってるよ」という方もいるかもしれません。 本日は町内会の総会に参加をしてきました。なにぶん、来年は班長という大役を仰せつかっているもので。 都会暮らしの人にしてみれば、こうした寄り合い的なイベントは絶滅危惧種だ…

常に考え続けなければならない、という苦悩

最近色々と考えることばかりである。いや、最近と言わず、物心ついてからはずっと何かしらのことを考え続けている。まぁ、生きている以上、それは当たり前か。 私は考えることが好きな性分のため、あれこれと考えることはそこまで苦ではないのだが、さすがに…

「お昼寝」とかいう極上の贅沢

今日は久々に昼寝をしました。 激動の日々において、ここまでゆっくりと寝ることができたのは本当に久々。ビバ実家。ヒップホッパーばりに実家への感謝があふれて止まりません。 「お昼寝」に市民権を! そもそも「昼寝」という言葉がわざわざ作られているこ…

「孤独」を必要以上に悲観する若者たち

今日はパソコンもWiFi環境もない実家に来ているため、軽めの文量で。人里離れた山の中にある実家は、まさに「陸の孤島」然としており、雑踏の賑わいに慣れている人にとっては相当な「孤独」を感じてしまうことうけあいです。 「孤独(孤立)」はなぜいけない?…

通知表のコメントを書くというお仕事

早いもので三月ももう下旬に差し掛かろうとしている。毎度のことながらあっという間の一年だったように感じます。 修了式も間近に控え、担任は通知表と指導要録のコメントを書かなければなりません。 あまり声を大にしては言えないのですが、ぶっちゃけた話…

解決法がたった一つしかない問題など存在しない

最近色々な現場を見て思うのは、問題が発生した際の対処法として「原因そのものの排除」という、やや暴力的な解決法が横行しているのでは? ということである。 「この遊具は危険だから撤去しましょう」とか、「これは勉強の妨げになるから取り上げましょう…

ブログ50日連続更新を振り返って

【目次】 なんだかんだで50日 そもそも、このブログは何を目指しているのか ブログを続けて良かったこと ブログを続けて悪かったこと このブログのテーマ ネタの集め方や、処理のし方について 文体について 1記事の長さ(文章量)について 今後の展望 最後に …

炬燵クライシス

いかん、一週間の疲れもピークに達しているためか、コタツの中でついウトウトしてしまった。連日の放課後補習による肉体的疲労と、新年度人事の深読みによる精神的疲労のダブルパンチ。危うくコタツで一晩を明かすところだった。 現在23時20分。 これは非常…

どんな生徒も、卒業したらあとはただの友達

私立の高校に勤めていて嬉しいことはと言えば、なにより転勤が無いことでしょう。 新しい人間関係を構築することに普通の人以上にエネルギーを消費してしまう私としては、非常に喜ばしい環境です。 www.yasuteru24.com そして転勤が無いということは、卒業生…

我が家でシンギュラリティが起こりかけた話

月曜日ほどやる気の出ない曜日も珍しかろう。休日の反動で疲れがどっと押し寄せる、それが月曜日。なもんだから、ついついお酒に手が伸びてしまう。そして正常な思考力は奪われてゆく。ほんとダメな大人です。 というわけで、今日は軽めの内容で行きます。本…

お笑いを科学する ――「面白い」は作れるのか?

本日はR-1ぐらんぷりの放送日。こう見えて私、結構お笑いが好きです。 そんな「お笑い」について、今日はちょっと真面目に考えてみました。 「不条理」を支配する技術 専門に研究した訳では無いのであくまでも個人的な見解に過ぎないのですが、お笑いを一言…

後悔しない人間などいない

合格の影に不合格あり 今週は国公立大学を中心に、怒涛の入試結果ラッシュだった。気の抜けない日々が続いたわけで、土曜も夜になってようやくほっと一息ついた瞬間に、どっと疲れが押し寄せてきた感がある。別に3年生のクラス担任をしているわけではないけ…

人を酔わせる素晴らしきキャッチコピーの世界

この世界にはありとあらゆるところにキャッチコピーが存在しており、私たちはその中で生活をしています。 「一目で義理とわかるチョコ」――ブラックサンダー 「うちのオヤジが18才に泣かされた。」――熱闘甲子園 「自分の夢まで、自己採点しないでください。」…

そうび:武器【ダイソンの掃除機】 防具【スチームモップ】 アクセサリ【モップスリッパ】

ここしばらくは超絶多忙の生活ゆえに家の掃除ができていなかったので、この土日で大々的に掃除をしました。 ピカピカになるとやっぱり気持ちがいいものです。 まずは装備を整えよう 掃除というものは、興が乗ってきたら楽しくなりますが(いわゆるクリーナー…

同じ今日は二度とは来ない、という当たり前を思い出す

本日、三年生が無事に卒業していきました。 後に残る身としては、また一つ気が引き締まる思いです。 www.yasuteru24.com 残り続けるメリット・デメリット 取り残される寂しさを感じる一方で、こんな環境だからこその利点もあります。それは、何度も同じとこ…

卒業する生徒と、見送る教師

今日で二月もおしまい。明日はいよいよ卒業式です。 毎回思うけれども、本当にあっという間です。ついこの間入学してきたような気がするというのに、もう巣立って行ってしまうんですね。私は担任ではありませんが、三年間授業を担当してきただけに感慨もひと…

君の中に仮面ライダーはいるか? ――30歳を過ぎて仮面ライダーにハマった話と、ニチアサキッズタイムから学ぶ少子化との向き合い方

さて、たまには趣味のことも書いてみよう。ネコの話? ネコは趣味じゃなくて人生ですから。 www.yasuteru24.com www.yasuteru24.com さて、タイトルに話を戻します。 【目次】 「仮面ライダー」というコンテンツ この年にして仮面ライダーにハマる コンテン…

「書き続ける」ために必要なこと

答えは割とシンプル。 「楽しむ」こと。それに尽きます。 以下、「個人的なブログの執筆」についてと、「学校における書く力の育成」について、それぞれ分けて書いていきたいと思います。 ブログ編 ブログを書き続けるということ 「わくわく」を維持するため…

バックアップの大切さ

ああ……せっかくコツコツ二時間以上かけて書いた記事がこちらのミスで一瞬で消えてしまった……。 Googlekeepよ、なぜそこまで無慈悲なのだ……。 いやまぁこちらが悪いんだけどさぁ。勝手に上書き保存するなよ……。 あらゆる方法を模索するものの、書き直す以外の…

先生!「いい質問」って何ですか?

「ほう、それは興味深い質問だ」 やすてるは読みさしの本を脇に置き、蓄えた口髭を満足そうに撫でつけながらこう答えた。 「ところで、君、『 汝が深淵を覗き込む時、深淵もまた汝を覗き込んでいるのだ』という言葉を知っているかね?」 少年は肩を竦めてみ…

AIに人気ブログは書けるのか

現在勤務校においては、「学校の魅力発信にブログやSNSを活用しよう!」という議論が行われています。 現代社会はあらゆるメディアが存在しているため、昔に比べれば広報活動も幅が広がっており、対外的にあらゆるアプローチをかけることが可能となっていま…

「ブラック企業」のファッション化現象

今日は訳あって17時に退勤しましたが、いつもは学校の規則で決められた19時ギリギリまで学校にいるのでなんだか変な感じでした。あまつさえ、まだ大半の先生が残っている中帰ることに妙な罪悪感を抱いてしまう始末。うーん、いい感じに毒されているな、これ…

宿題は誰のためのものか

生徒に宿題を出すと決まってブーイングが出る。 一方で、教師としても宿題を準備するのは非常に面倒くさいものです。 一見してwin-winどころか、lose-loseという謎のシステム。それが宿題。 一体誰が得をしているというのか。まったくもって不思議な存在です…

『医龍』に学ぶ「後継者」の育て方

さて、今日は「後進を育成する」というお話。 【目次】 医療マンガ において語られる、「後を継ぐ者」の育て方 「成長を信じる」ということ 「天才」の苦悩。人はいずれ老いてゆく いかにしてバトンを繋ぐか 医療マンガ において語られる、「後を継ぐ者」の…

「変わる」とはどういうことか

二日目の更新だ。できるだけ毎日更新していきたいところです。 当然のことながら、まだまだはてなブログの仕様がよくわからない。どんな機能があり、どこまで自由にいじくれるのか。 早くレイアウトを凝ったものにしてみたり、リンクを張ってみたり、あれこ…